ちょこっとぅ chocottie2.exblog.jp

soap, jam, waves and foam on a sands


by エイコ
プロフィールを見る
画像一覧
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

タグ:soap making ( 5 ) タグの人気記事

e0373861_14043499.jpg
前回の記事で、切る方向を間違えたマーブル模様の石けん。
コメント欄でblueroseさんから、
元の形に戻して切りなおしてみれば?
と、ご意見をいただきました。

なんと!

なんとも編み物の先生らしいアドバイスです。
サンキュー!

そうして元の形に整形し、
切りたかった方向に切りなおしたものが今回の二枚の写真です。
クリーム色に透けて見えるところは
グリーンマイカで緑に色付けしていますが、
かなり色が飛んでしまいました。
まあ、それでも、
怪我の功名です。
どぎつい色が好きではありません。
優しくマーブル模様が見て取れます。

次回復習するときには
少し色味がでるように、
切る方向を間違えないように、
この2点に注意したいと思います。


e0373861_14045822.jpg

[PR]
by straw_millionaire | 2017-10-09 14:11 | soapmaking | Comments(4)

マーブル石けん、失敗

e0373861_09132117.jpg


2色のマーブルが素晴らしくできている予定だった石けん。↑↑↑

寝ぼけてぼんやりカットしたのです。

切る方向を間違えました。(笑)

スライスする、横に、つもりでしたが、縦に切ってしまいました。

長年染み込んだキリグセが!




前回アップした記事。↓


↓ 鹿沼アロフェンは綺麗でスムースな表面。温度が上がってジェル化したので透明感もでました。


e0373861_09133921.jpg
並べていると羊羹か淡雪かと思えます。

e0373861_09135181.jpg
マーブルの切り方失敗したので近日中に復讐します。

予習、復習する良い子です。



[PR]
by straw_millionaire | 2017-10-06 09:21 | soapmaking | Comments(6)

久々に石けんのこと

e0373861_07283449.jpg

N先生の石けんの講習を2つ受けて来ました。
(久しぶりに石けんのハナシ)

↑↑↑
上の写真は、確実に2色でマーブル模様を作る方法を学ぶ講習のもの。確実に!ここがキーポイント。マーブル模様など、誰にでも作れます。私だってできます。ただし、イメージした通りにマーブル模様を作るにはコツや練習が必要です。そこらへんを習うのです。
デザイン石けんを作りたいと思い始め実際に本を見ているだけではなかなか到達できない領域、それは講習に行くと割と1発で解決します。ありがたいことです。



↓↓↓
下の写真は、鹿沼アロフェンの石けん作りの講習です。


e0373861_07291972.jpg
↑ 型に流し込んだところ。良い具合です。^_^

↓ 鹿沼アロフェンのパウダー、きな粉みたいでした。

N先生の講座、来月もお伺いします。楽しみです!
でも少しだけ化学について復習しておかないと座学を乗り切ることができなくなります。うはははは。

e0373861_07290166.jpg
鹿沼アロフェンとは。



鹿沼アロフェンは、栃木県真岡から採掘された鹿沼土から3度の分級操作(大きさやを密度をそろえる操作)を経て抽出します。精製には天然水のみを使用し、溶剤等化学品は一切使用していません。アロフェンは球状で微細斯孔(極小の穴)があいている多孔質構造を持っています。(右図)この特長的な構造により水は自由に通過することができ、かつ適度な親水性もあり調湿性を備えます。また遊離脂肪酸など特定の脂や臭いの原因になる物質を吸着します。さらに可視光線は透過しますが、紫外線の多くを遮断します。



[PR]
by straw_millionaire | 2017-10-03 07:44 | soapmaking | Comments(2)
ついに!
2本目であり最後でもあるへちまを収穫しました。
半分に切ってみた断面はこんな感じです。↓↓
そして、1本目は「茶色くなるまでそのみ放置し、勝手に乾燥したものをバリバリかわをむく方式」でへちまたわしにしましたが、今回は「茹でて不必要な部分を溶かしタネを出す方式」をとりました。

茹で終わったところの写真がこちら↓↓これは30分ほど煮ました。
↑↑ 茹でたものを水に取り冷ますと、黄色の皮がつるりとむけます。ジャブジャブ流水で洗い流しモミモミしてフリフリすると中のタネも粗方出ます。


じゃじゃーん!完成したものがこちら。↓↓

し、しろーい! 1回目のそのまま放置方式より明らかに綺麗です!!

来年は茹でる方式にします。さてこの後は輪切りにして石鹸を作るのです!!


[PR]
by straw_millionaire | 2017-09-25 08:51 | in my garden | Comments(8)

愛しの、へちまたわし

e0373861_10532437.jpg

じゃじゃじゃじゃーん!

へちまたわし!

でけました!

ちなみにこれは、「ほったらかし乾燥製法」で作成したものです。

来年の自分用の記録として書いておきます。

e0373861_10534696.jpg

使えそうな部分は結局へちまの半分程度でした。

残りの半分は茶色に変色してしまい、使用不可です。

e0373861_08001976.jpg

先日もブログに載せたけど、↑このグリーンのへちまを実ったまま放置しておくと。

↓ このように茶色に変色します。それで収穫し、

外側の皮はもうすでにパリパリな状態だから、モミモミするのです。

すると、バリッとという音とともに皮に亀裂がはいり、メリメリと剥がれ落ちます。

そんな風に作りました。
e0373861_08000840.jpg

緑色の状態でまだ実っている2本目は台風を無事に切り抜けました。

それは、茹でる製法で作ってみたいとおもっています。

茹でると、おそらく、茶変しないで全て収穫できるのでは?

むふふ。

これで、石けんが無事に作れそうです。


え?

そもそもなぜへちまを育ててみたかなんて、お忘れに?

お忘れになった方はこちらのリンクから過去記事をご覧くださいませ。







[PR]
by straw_millionaire | 2017-09-19 11:04 | in my garden | Comments(14)